Trreiro do SUKIYAKI 南米のミュージシャンたちとのオンラインセッションが公開されています。

『テヘイロ ド スキヤキ』 OVERDUB SESSION 特別編として、日本最大のワールドミュージックフェス「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」で出会ったミュージシャン達のセッションを企画しました。 セッションタイトルの「テヘイロ(Terreiro)」 は ポルトガル語では「広場」を、ブラジル黒人文化ではアフリカ系宗教カンドブレの「教会」や「礼拝所」を意味します。今回セッションタイトルとして、この出会いをもたらした「スキヤキの広場」をイメージして『テヘイロ ド スキヤキ(Terreiro do Sukiyaki)』と名付けました。アルゼンチンの巨匠、ウーゴ・ファトルーソさんとアルバナ、アカ・セカ・トリオでもお馴染みのアルゼンチンのフアン・キンテーロ、そして日本のパーカッション界の大先輩ヤヒロトモヒロさんとオンランセッション&作曲。皆さん本当に素晴らしかったです。

-- <Musicians> Hugo Fattoruso : Vocoder, Key, Tambor Piano Albana Barrocas : Shekere, Tambor Chico, Sfx. Juan Quintero : Vo, G, Ronroco Tomohiro Yahiro : Shekere, Conga, Djembe Tact Hirose : Agbê, Gongue, Alfaia <Producer> Kozakaya Motion Pictures マルゑゐ録製(Maruyeyi REC.&Pro.)


Terreiro, originally meaning "public square" in the Portuguese language, is the place of worship of the African religion of Candomblé in Afro-Brazilian culture. This online music session was held by musicians who met at SUKIYAKI MEETS THE WORLD, the biggest and best world music festival in Japan that held in Nanto city, Toyama pref. It blends elements of Maracatu from Brazil, Uruguayan Candombe,an African faith of the same descent as Brazilian Candomblé, and Argentina folk songs which have been performed at Sukiyaki and studied by the citizens of Nanto City. SUKIYAKI has a tradition to have a music session in the square in front of the theater as the finale of the festival, where all the musicians, staff and audiences get together. The title of this session, "Terreiro do SUKIYAKI," is a double-meaning of the African culture of South America and the tradition of SUKIYAKI.